大人ニキビとニキビ

昔、口の悪い人が「20歳以上の人ができたニキビは“吹き出物”でありニキビではない。若いふりをするな」といっていたことがありました。今となっては大人ニキビという言葉があり不適切発言と思われますが、ある意味は正解であり、ある意味では外れています。

大人ニキビは結果(症状)としてはニキビであり、ニキビではないということは外れています。ですが大人ニキビは思春期にできるものとはできるまでの過程が違っているため、同一のものだとはいえないのです。そのため大人ニキビ=吹き出物という認識は絶対に間違いであるとは言えないのです。

思春期のニキビは、体が大人になる準備をするためホルモンのバランスが乱れます。ホルモンバランスが乱れることにより、皮脂の分泌量が増え毛穴が詰まることにより、毛穴の中で原因菌のアクネ菌が増えることにより大量に発生します。そのため原因であるホルモンバランスが整うと、症状は落ち着いてきます。

大人ニキビはニキビという結果は変わりません。ですがその原因は生活そのものといえ、思春期のものと違い、治りが遅いのが特徴の一つです。また跡が残りやすいということもあり、ケアを怠らないようにしなければいけません。
そして大人ニキビには即効性の治療はなく、再発しやすいという特徴があります。薬に頼るのではなく、生活そのものを変え、時間をかけて治す必要があります。跡が残るとメイクなど面倒になってきますので、根気よく治していくようにしましょう。